深蒸し茶のおすすめの選び方を解説

日本人にとって遠い昔から親しまれてきたお茶には、さまざまな種類があります。お茶には、製造工程や産地などで名前や味に違いが生まれ、それぞれの魅力も異なってきます。深蒸し茶とは、その名前の通りお茶の葉を蒸す時間を長く取ったお茶です。茶葉を深く蒸すことで、茶葉のうまみ成分がよく出て濃くまろやかな味わいになります。このお茶の歴史はまだ浅く50年程度であり、もともとは静岡県でカルキの臭いのする水道水でも飲むことのできるお茶として開発されたのが始まりとされています。カルキ臭独特の臭いに勝つため濃い味が必要であったため、深く蒸すことでコクを引き出したお茶が全国に広まりました。今回はこのお茶の魅力について詳しく知り、上手な選び方を身につけましょう。

製造方法で異なるお茶の種類について

木から摘まれたばかりの茶葉は、みずみずしい新鮮な生の状態です。この生葉の味や香りを引き出し、保存がきくように加工・包装されたものが一般的に販売されているお茶になります。摘んだ葉をそのままにしておくとしおれてしまい、葉の色は緑から茶色、香りは草のような香りから花のような香りに変化していきます。茶葉はこの時、葉に含まれる酸化酵素という酵素の働きでカテキン類が酸化するという現象が起きています。この現象は発酵と呼ばれ、一般的に微生物によるヨーグルトや納豆などの発酵とは異なります。発酵させるかさせないかによって、生葉が不発酵茶の緑茶、半発酵茶のウーロン茶、完全発酵茶の紅茶のどのお茶になるかが決まります。深蒸し茶は、不発酵茶の緑茶の仲間に含まれるお茶になります。

深蒸し茶について、おすすめの選び方

茶葉を蒸した後、もみながら乾燥させた茶葉を煎茶と呼びます。この茶葉を蒸す時間を煎茶の二倍程度長く蒸した茶葉を、深蒸し茶と呼びます。このお茶は、日差しの強い下で、元気良く育ったお茶の葉から作られることが多いとされています。普通の煎茶と比べると茶葉の中まで十分に蒸気熱が伝わるため、出来上がった茶葉は見た目が粉っぽくなりやや細かめになります。お湯を注ぐと出てくる色は濃い緑色になり、濃厚ですが渋みの抑えられたまろやかな味わいが特徴です。抽出されたお茶には茶葉そのものが多く含まれ、水に溶けることができない有効成分も摂取することが出来ます。このお茶の特徴と選び方は、茶葉は通常の煎茶より形状が不ぞろいで細かくなりますがコクがありまろやかな深みのある風味が特徴になります。